負担が少ない石鹸選び

身体や食器、衣服を洗う時に使用する洗剤と書かれたものには大きく分けて合成洗剤と石鹸にわかれます。合成洗剤と石鹸だと石鹸の方が肌によさそうな感じがしますね。赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので赤ちゃんに使用する場合は石鹸を選んだ方が良いのですが、ベビー用と書かれているものでも成分を良く見ると化学成分が含まれたものも入っていることがあります。

赤ちゃんの肌は薄くて弱いので、身体を洗うときは無添加のものを使用した方が良いでしょう。合成のものは乳児湿疹やアトピー、肌が赤くなるといった症状を引き起こす可能性があるからです。添加物によって肌がアレルギー反応を起こし、それが湿疹やアトピーといった症状で現れることも考えられるからです。

無添加せっけんには液体のものと固体のものとがあります。どちらも同じ商品ならば含まれている成分は同じです。気を付けるのは完全に無添加かどうか、ということです。表示指定成分無添加というのは実際には完全な無添加ではないことがあり、合成界面活性剤が含まれている場合もあります。合成界面活性剤は肌に残ると少しずつ細胞を変質や破壊させ、アレルギー反応を引き起こしたりします。赤ちゃんは湿疹などができることがあるので気を付けるようにしましょう。

無添加の石鹸を使用するさいにも気を付けることもあります。それは肌に負担がかからずやさしいため、汚れが落ちにくいということです。落ちにくいということは肌に汚れが残っているということですので、あせもの原因となることもあります。そのため無添加せっけんを使用する場合はていねいに良く洗うようにします。そのさいすすぎも十分に行い、完全に石鹸を取り除くようにします。

また、無添加の石鹸は一般のものより価格が高く、水にとけやすいのですぐに使い終わってしまいます。コストなど気になる場合は、肌が本当に弱い3か月ぐらいまで使用するなど工夫しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る