ベビーフードの選び方

お店の赤ちゃんコーナーへ行くと、様々なタイプのベビーフードが並んでいます。いずれも、安全性の問題がないとされているものですので、あまり怖がる必要はありません。大手食品メーカーのものや赤ちゃん専門メーカーなど、お気に入りの信頼しているものを選ぶのがよいかもしれません。

表示にも目を通し適正年齢は特に注意しましょう。大体何ヶ月の赤ちゃん用です、と言う書き方をしている場合が多いです。大体の月齢の目安ですから、ちょっとくらい月齢が合わなくても厳密には問題ありません。柔らかさが若干異なる程度と思ってください。

また、手作りの場合は、材料の品数が限定されがちなところ、市販のものは、多品目の食材を使って、おり、一食で様々なものを食べさせてあげることができます。
できるだけ難しい名前の材料が入っていないものを選ぶこと、シンプルな材料のものを選ぶと安心です。

昨今のベビーフードはとても工夫されています。これまでの意見を取り入れた、とても使いやすい商品が増えています。日々の食事の用意の中に上手に取り入れることで、負担を減らすことができると思います。

レトルトパウチの容器に入っているもの、瓶詰めのもの、カップ入りでレンジに掛けられるものなど、カンタンに食べられる工夫も開発されています。ライフスタイルが多様化しているので、商品も多種類用意されています。ご家庭にあわせて便利なものを利用しましょう。

安心なのは、保存料や化学調味料を使っていないものです。せっかくそれまで、薄味で繊細に、を守っていても、化学物質の味に慣れてしまってはもったいないですよね!幸い、多くのベビーフードはそういう配慮をし尽くされています。

関連記事

ページ上部へ戻る